重なる気持ちと私の左手

本の感想。ネタばれが大前提なのでご注意を。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.18 Sunday | - | - | -
遙かなる時空の中で 2
私をいろんな世界に誘うきっかけになった衝撃の一作。というか、ぶっちゃけ、私の初乙女ゲーです。
高校時代の友人sに何だかわけのわからんまま貸され、やらされ…「画面の向こうに恋慕を抱くとかありえん!」とか言ったのにもごもごもご…>もう一生浮かび上がってこれない気がする。

とにかく、大好きすぎて、語れません。久しぶりにやった今日でさえも、もう、もう、もうっ…!
とりあえず恒例の(?)キャラ評を簡単にいけば、
翡翠さん>>>>超えられない壁>>
>>幸鷹・頼忠>>>泉水・泰継・紫姫>シリン・アクラム>>勝真・東宮様・イサト
とかそんなカンジ。
初めて、ゲームをやってもう5年以上たつけれど、翡翠さん(癸院砲藩蠅気鵝吻2)の位置だけは不動で変わりません。落とさなくてもいいやーとか思いつつ、なぜか無意識のうちに朝のお迎えに毎日参上してくれる按配になる>愛だね★<待
2008.03.18 Tuesday 21:40 | Game | comments(19) | -
海底二万里 (創元SF文庫)
荒川 浩充,ジュール・ヴェルヌ
東京創元社
小学生の時に読んで以来、本を売り飛ばす持ち主という脅威にさらされながらも延々と私の本棚にい続けている子です。時々読むと、そのままあの世界に入れるのが嬉しい。

読み返すと新しい感動もあるよなぁと、今日ふと本棚整理をしつつ思いました。>つまりはそういうこと。
2008.02.29 Friday 21:34 | Book:カ行 | comments(1) | -
金色のコルダ
発売前に「こんじきのコルダ」と誤読していたおかげでいまだにすんなりと「きんいろ」と読めない私の乙女ゲー第2弾。(第2弾以降はもはやおぼろげ)

某クラリネット奏者にベタ惚れして買って、そのまま攻略に乗り出したのに…なのに、なのにいろんな意味で裏切られた衝撃の一作です。あまりにそれが衝撃すぎて、ぶっちゃけ他のキャラがおぼろげだったりする。とりあえず、私にトラウマを作った彼が一番嫌いで、一番好きです。
そんなわけで↓↓↓
柚木先輩>>>超えられない壁>先生・王崎さん・天羽ちゃん>>つっちー・火原っち>>>>レンレン・ねむねむ>>>>冬海ちゃん>>>>柚木先輩
2008.02.18 Monday 21:41 | Game | comments(1) | -
赤ちゃんと僕 (18) (花とゆめCOMICS)
大掃除してたら見つけました。
この子達にはほんとうに泣かされる。実も、拓也もなんでそんなにかわいいのッ!
むっかし、弟がかわいくて仕方ない時があったなぁとぼんやり思い出しました。ゃ、今でもかわいいけれども、ぅん…もごもご。
ともあれ、読み返すととまらなくなる危険物でもあります。大掃除には強敵だ。早く戻そー。
2007.12.30 Sunday 15:50 | Comic | comments(1) | -
風光る 22 (22) (フラワーコミックス)
特に「大好きだ!好きだ、彼の人が好きぃぃーー」というキャラはいないけれど、史実をかっちりふまえててよくある新撰組漫画ですよ、というわけじゃないおススメのコミック。>友人が大好きだからというのも大いに影響するけど。

ひとまず、きゅーんとするのは「オトコマエなセイちゃん」と「恋心に気づいた瞬間に急に乙女な沖田さん」(爆)
2007.12.18 Tuesday 21:44 | Book:カ行 | comments(0) | -
クリスマス・ボックス
中学時代に親が贈ってくれて以来、ずっと本棚にいる子。時折読み返すし、読み返すたびに涙が溢れる。別名:大掃除の天敵。>待

ま、でも、真面目な話、読めば読むほど、気持ちが伝わってくるし、年齢を重ねれば重ねるほど感覚で分かってくる本だと思う。親が子を思う気持ちはこんなにも深いものなんだという衝撃が、だんだんときもちでわかってくる。クリスマスツリーには空の箱を飾るその意味のあたたかみを私が決して忘れることがありませんように。
2007.12.18 Tuesday 21:38 | Book:カ行 | comments(0) | -
狐笛のかなた (新潮文庫)
「守り人」シリーズを書いた作者の本が読みたくて、探してたら出てきました、という流れの一冊です。

あらすじは他人の心の声を聞き取る能力『聞き耳』の能力を持つ少女、小夜と、隣国の呪者の使い魔、野火との恋物語。人間と魔物という従来は考えられないハードルと、野火の使い魔としての宿命、国同士の領地を巡る争いなど、幾重にも重なりあった構成は、さすがは人気作家。情景の描写も鮮やかで細やかで、本の中の世界に無理無く入り込むことができる。交錯した人間関係の中で展開される簡単には予想の出来ない展開もまた大きな魅力だと思う。

、と冷静ぶって語りましたが、ぶっちゃけ泣きました。
最後に、ずたずたに切られていき絶えた霊弧の命を救うべく、自ら、「あわい」に身を投げる少女のけなげさと一途さに、目頭が…涙が……!!>精一杯の感動表現
守り人シリーズで、既にファンでしたが、この一冊でさらに、このお方の小説がますます好きになりまし
2007.11.16 Friday 18:36 | Book:カ行 | comments(0) | -
夢の守り人 (新潮文庫 う 18-4)
「守り人」シリーズ第3弾。

魂がぽっかりと抜け落ちて怪物になってしまったタンダの身を、心から気遣う女用心棒バルサ。かつて自分を救ってくれたバルサに、今一度再会したいと強く願う「新ヨゴ皇国」の皇太子チャグム。相手を思う三人三様の気持ちがひしひしと感じられ、胸に迫ってきた物語。

ひとまず、言えることは
バルサとタンダは早く結婚してしまえばいい。
でもってチャグムの成長が親のように嬉しい。

ぁー、これで、シリーズ最後なんて。しょんぼりです。
2007.11.14 Wednesday 18:45 | Book:ヤ行 | comments(0) | -
闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3)
「精霊の守り人」に続くシリーズ第2弾。

1作目でチャグムを守る中でバルサが感じた思いが、2作目でしっかりと見つめ直されてる気がしました。ずっと胸の奥にしまっていた(隠していた)想いに涙が出て号泣した本です。辛い、でも忘れたくても忘れる事の出来ない過去と向き合うバルサに心を打たれ、読む手が止まらなかった。
2007.11.14 Wednesday 18:44 | Book:ヤ行 | comments(0) | -
精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)
高校時代、「図書館のことに関してなら彼女の右に出るものはいない」という友人がいて、その子に散々薦められていたのですが、なんとなくタイトルがいかににも「ファンタジーですよ!あなた、ファンタジー好きでしょ!!」と言われているようで、しっくりこずで読まず。
今にして思えば食わず嫌いならぬ、読まず嫌いでございました。

大学の図書館をふらりとしてたら、なんとなく目を引き、読んでみるかぁーと思って読み出したら、し、しびれた…>ヘンな体勢ではしごに乗って読みふけるのはやめましょう

物語に無駄がなく、世界観がしっかりしている。 解説で恩田陸が「私達の世界のことだ」と言っているけれど、まさにその通り。好きすぎて多くは語りませんが、とりあえず、十二国記に似て非なる位置につきました>私の中で。
2007.11.12 Monday 18:43 | Book:サ行 | comments(0) | -
Profile
Category
Archives
Comment