重なる気持ちと私の左手

本の感想。ネタばれが大前提なのでご注意を。
07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.18 Sunday | - | - | -
赤ちゃんと僕 (18) (花とゆめCOMICS)
大掃除してたら見つけました。
この子達にはほんとうに泣かされる。実も、拓也もなんでそんなにかわいいのッ!
むっかし、弟がかわいくて仕方ない時があったなぁとぼんやり思い出しました。ゃ、今でもかわいいけれども、ぅん…もごもご。
ともあれ、読み返すととまらなくなる危険物でもあります。大掃除には強敵だ。早く戻そー。
2007.12.30 Sunday 15:50 | Comic | comments(1) | -
おおきく振りかぶって (2)
みんなかわいい。ほんとうにかわいい。
このまま、素直な気持ちを忘れずに頑張っていけばいいと思うよ!
青春っていいよね☆>待
2007.09.30 Sunday 15:46 | Comic | comments(0) | -
サプリ (1)
青春の友Nいわく、「游の冒険物語」だそう。何でも主人公の思考回路と行動パターンが私そっくり、むしろ私だと力説するので、んな馬鹿なと思いつつ貸してもらった本です。

…確かに似ている、かもしれない。ただいま、読んで恋愛勉強中です。>待
2007.05.30 Wednesday 15:34 | Comic | comments(0) | -
ハチミツとクローバー 10巻セット
読むたびに、心があたたかくなったり、登場人物と一緒にきゅーんとしたり、小さなことに感動する毎日の大切さを思い知ったり。みんな一生懸命*みんな純粋*みんな切ない…

だからこそ優しくなれる、大切にできる。
そんな本当に素敵なお話。
2007.05.18 Friday 21:43 | Comic | comments(0) | -
あさきゆめみし 美麗ケース入り 全7巻文庫セット
例に漏れず、『源氏物語』に触れる1つのきっかけでもありました。
そういえば、お能の中でも『源氏物語』典拠のって多いなぁとふと思い出すときに同時によみがえるのはかの絵です。読んだ当時は光源氏が憎くてたまりませんでした。なんだって女もこんな男に惚れるんだろう…と。今なら少し、分かる気もしなくもない。
…ゃ、嘘。やはり、現実にいたらぶっとばす。源氏の君を愛でるのは文学の論筆のなかでだからこそ、安心して愛でられるという気もするもの。
と、なんだかんだ言いつつ世界に誇る文学を身近にしてくれるよい本であります。>誰
2006.12.30 Saturday 15:52 | Comic | comments(0) | -
犬夜叉
ハマりにハマり、力説して友人に引かれたのも遠い過去の話、だと思いたい。
とりあえず、この作品から私めのネット界入りも決まりました…。
私的にイチオシの神楽が消えたこの巻が私の犬夜叉最終巻です。あれ以来読んでないや。今、どうなってるんだろう。
2005.12.30 Friday 15:30 | Comic | comments(0) | -
銀魂
笑いの中に真理あり(真顔)。>大嘘

1話ずつのタイトルがひそかに好きです。
気に入りはお妙さん奪還編(?)。それなのにレヴューが4巻なのは単に私がお妙さん好きだから。
2005.12.30 Friday 15:27 | Comic | comments(0) | -
天使なんかじゃない―完全版 (1)
読むと涙がぼろぼろ出てきます。ほんとうにだいすきな本。
読んだ本は漫画の場合(置く場所がないので)そうそうに古本屋へと行くのですが、この本だけは別格で、ずっと大切にしてます。
登場人物の中で1番マミリンが好きだったりする。1番やさしくて1番強いんじゃないかなぁ…。滝川マンなんぞにはもったいないイイ女だよ、マミリンはっ!(笑)私も彼女のようにやさしく強くあれたらいい。
2004.12.30 Thursday 15:39 | Comic | comments(0) | -
Profile
Category
Archives
Comment