重なる気持ちと私の左手

本の感想。ネタばれが大前提なのでご注意を。
03 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< サプリ (1) | main | 黄色い目の魚 (新潮文庫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.18 Sunday | - | - | -
太陽の塔 (新潮文庫)
『夜は短し歩けよ乙女』で作者にきゅんきゅんして即行で買った本。ラストに納得がいかなくて『夜に〜』のほうが私は好き。でも本にこめられた悶々としたエネルギー(笑)は誰をも唖然とさせてしまうどうしようもなさと 滑稽さとに満ち満ちているんじゃないかしらん。

読みながら思ったのは、学生時代に(というか私の場合現在進行)、妄想するという行為は私ひとりじゃないのね!ってこと。>右脳の発達具合は他者の追随を許しません―多分…! 主人公とその悪友たちが自分たち自身を過信してしまうのは、若い者の特権。妄想が妄想を呼び、飛び切りユーモラスな自分ワールドが広がっていく。この雰囲気はやはり面白い!!

文中の箴言抄
・考えてみれば、世間は生まれる時代をまちがった人間でいっぱいである。
・我々の日常の九十%は頭の中で起こっている。
・できるだけ彼らが不幸になることを、彼は祈った。
「みんなが不幸になれば、僕は相対的に幸せになる」

妄想という行為は確かにファンタジーだと気づかせてくれた。Fantastic!!
2007.08.06 Monday 16:38 | Book:タ行 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2008.05.18 Sunday 16:38 | - | - | -
コメント
コメントする











Profile
Category
Archives
Comment