重なる気持ちと私の左手

本の感想。ネタばれが大前提なのでご注意を。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2) | main | 夢の守り人 (新潮文庫 う 18-4) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.18 Sunday | - | - | -
闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3)
「精霊の守り人」に続くシリーズ第2弾。

1作目でチャグムを守る中でバルサが感じた思いが、2作目でしっかりと見つめ直されてる気がしました。ずっと胸の奥にしまっていた(隠していた)想いに涙が出て号泣した本です。辛い、でも忘れたくても忘れる事の出来ない過去と向き合うバルサに心を打たれ、読む手が止まらなかった。
2007.11.14 Wednesday 18:44 | Book:ヤ行 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2008.05.18 Sunday 18:44 | - | - | -
コメント
コメントする











Profile
Category
Archives
Comment