重なる気持ちと私の左手

本の感想。ネタばれが大前提なのでご注意を。
03 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3) | main | 狐笛のかなた (新潮文庫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.18 Sunday | - | - | -
夢の守り人 (新潮文庫 う 18-4)
「守り人」シリーズ第3弾。

魂がぽっかりと抜け落ちて怪物になってしまったタンダの身を、心から気遣う女用心棒バルサ。かつて自分を救ってくれたバルサに、今一度再会したいと強く願う「新ヨゴ皇国」の皇太子チャグム。相手を思う三人三様の気持ちがひしひしと感じられ、胸に迫ってきた物語。

ひとまず、言えることは
バルサとタンダは早く結婚してしまえばいい。
でもってチャグムの成長が親のように嬉しい。

ぁー、これで、シリーズ最後なんて。しょんぼりです。
2007.11.14 Wednesday 18:45 | Book:ヤ行 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2008.05.18 Sunday 18:45 | - | - | -
コメント
コメントする











Profile
Category
Archives
Comment