重なる気持ちと私の左手

本の感想。ネタばれが大前提なのでご注意を。
01 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 金色のコルダ | main | 遙かなる時空の中で 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.18 Sunday | - | - | -
海底二万里 (創元SF文庫)
荒川 浩充,ジュール・ヴェルヌ
東京創元社
小学生の時に読んで以来、本を売り飛ばす持ち主という脅威にさらされながらも延々と私の本棚にい続けている子です。時々読むと、そのままあの世界に入れるのが嬉しい。

読み返すと新しい感動もあるよなぁと、今日ふと本棚整理をしつつ思いました。>つまりはそういうこと。
2008.02.29 Friday 21:34 | Book:カ行 | comments(1) | -
スポンサーサイト
2008.05.18 Sunday 21:34 | - | - | -
コメント

うぴゃー!!! 一回だけで6万くれたあぁぁwwwwww
金玉交互にキュポキュポ咥えながら高速手コキされたもんだから
即イキしちゃったのがちょっともったいなかったな(^^;
ちょwwおまwww | 2009.05.16 Sat 17:51
コメントする











Profile
Category
Archives
Comment