重なる気持ちと私の左手

本の感想。ネタばれが大前提なのでご注意を。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 太陽の塔 (新潮文庫) | main | おおきく振りかぶって (2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.18 Sunday | - | - | -
黄色い目の魚 (新潮文庫)
ストーリーとしてはいい。いいと思います。だからきっと普通に読んだらなっとくだし、感動だし。一般的に見れば本屋大賞も受けてる(?)らしいから読んでみて大丈夫だと思います、多分。

ただ、私は個人的に読んだ時期が悪かったのか、主人公達がただただ男女の友情を深めていってほしかった。ので、なんとも、もごもごもご…。
結局、男と女の行き着く先は(と言っても高校生だから別に、なにというわけでもないけれど)そういうことなのかなぁと、しょんもりです。

ただ、冷静にみれば、思春期の微妙な感情を描いていて、素敵な本の一冊には挙がると思うよ、とフォローは入れとく、ぅん。>何;
2007.08.29 Wednesday 21:35 | Book:カ行 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2008.05.18 Sunday 21:35 | - | - | -
コメント
コメントする











Profile
Category
Archives
Comment